「ビョンホンさんと良い賞を受けて幸せ」

チョ・ミンスが「第50回大鐘賞映画祭」の広報大使に任命された。

「第50回大鐘賞映画祭」第1次記者会見がソウル漢南(ハンナム)洞グランドハイヤットソウルリージェンシールームで開かれた。

今回の大鐘賞映画祭広報大使は俳優イ・ビョンホンとチョ・ミンスが引き受けた。2人は去年「第49回大鐘賞映画祭」でそれぞれ主演男女優賞を受賞した事がある。

記者会見では広報大使任命式も一緒に行われた。チョ・ミンスは「広報大使なりました、私が」と言いながら「どうすれば良いのかも分かりません」と言う広報大使任命の感想を明らかにした。引き続いて「第49回の時、ビョンホンさんと良い賞を受けて幸せだった。50回ならここに居る方々より年上のようだ。どうすれば良いか悩んだがハリウッドの広報はビョンホンさんが責任を負うようだ」と付け加えて笑いを催した。

「第50回大鐘賞映画祭」は今年初めて専門経営人であるイ・ギュテ組織委員長を任命したし、映画人のみならず各界の専門家で構成した諮問委員団を立てた。この他にも運営政策の確立と制度を再整備したし、一般審査委員会団を通じて一般人を含んだ各社会階層有名人たちを構成して公正で多様な参加に力を加えた。特に韓国映画人たちのもっと自由な創作を応援するという主旨で授賞金制度を復活させた。

一方、「第50回大鐘賞映画祭」は11月1日午後7時からソウル汝矣島に位置したKBSホールで開催されて、KBS 2TVを通じて生中継される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-