「自分のお茶目さをそのまま出した」

ソヒョンが実際の性格を明かした。

ソヒョンはソウル、永登浦(ヨンドンポ)区、汝矣島(ヨイド)のCGVで開かれた3Dアニメーション「怪盗グルーのミニオン危機一発」マスコミ試写会で「実際に親しい友人らと一緒にいればお茶目なほうだ」と実際の性格を公表した。また「お茶目なイディス(『怪盗グルーのミニオン危機一発』でソヒョンが引き受けたキャラクター)を演じる時に自分のお茶目さをそのまま出した」と打ち明けた。

ソヒョンは「前編をアフレコする時も楽しみながらした。続編が作られることになればまた、吹き替えできれば良いなと思ったが、続編もできることになり今回も楽しみながら吹き替えを担当した。また続編が出るなら続編も吹き替えしたい」と吹き替えの感想を語った。

また、ソヒョンは「イディスではない他のキャラクターをサプライズで吹き替えしたがそれを探してみる楽しみもあると思う。とても中に隠れている。私が吹き替えした他のキャラクターはグルーが回想する時に出てくる」と説明した。

前編に続き3年ぶりに発表された「怪盗グルーのミニオン危機一発」は北米、イギリス、ドイツ、オーストラリアなど全世界36ヶ国のボックスオフィスで1位に輝き、そうそうたる超大作を抜いてアメリカで「アイアンマン3」に続き、2013年公開作の内、興行順位2位のヒットアニメだ。

「怪盗グルーのミニオン危機一発」は今やスーパー悪党からスーパーヒーローに帰ってきたグルーと可愛いミニオン軍団、ガールズグループ少女時代のテヨン、ソヒョンの吹き替えで注目されている。「怪盗グルーのミニオン危機一発」は韓国で9月12日に公開される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-