いまだに続くおっかけ被害

公益勤務を終えて帰ってきたアイドルグループSUPER JUNIOR(スーパージュニア)のキム・ヒチョルが、絶えることないおっかけファン(私生ファン)の苦しみを吐露した。

キム・ヒチョルは8月31日午後、自身のインスタグラムを通じて「まだ僕におっかけが付いて回る」と打ち明けた。彼は引き続き「気分がとても良い時なのに、これをクールに受け流さねばならないのか、そうでなければ大騒ぎしなければならないのか、僕は優しくなったようだ」と付け加え、このような状況に悩む姿を表わした。

おっかけファンは好きな芸能人についてまわり、私生活も関係なくストーキングするファンを称する。キム・ヒチョルは今回だけでなく、2012年7月に公益勤務中にも度を越えたおっかけファンたちの行動に不満を見せたことがある。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-