色が溢れたステージで、57万人を魅了したツアーの幕を閉じる 1

BIGBANG(ビッグバン)のリーダーG-DRAGON(Gドラゴン)が、レッド、ブラック、ホワイトなど随時変化する色々な自身のカラーをステージや公演会場、観客にばらまいて、オールカラーに広まったカラフルな公演を完成した。

G-DRAGONは1日午後、ソウル芳夷洞(バンイドン)オリンピック公園体操競技場で開かれた「G-DRAGON 2013 WORLD TOUR〜ONE OF A KIND〜The Final」で、自身の多様な色を表現しながら、デビュー8年目の歌手としての実力を存分に披露した。

最初は強烈なレッドだった。ニューアルバムの収録曲「COU D’EATAT」のPVと共にコンサートをスタートさせたG-DRAGONは、赤いカーレーサーの衣装で車に乗って登場した。最初から花道に飛び出し、浮かび上がる構造で「ミチGO」を披露した。

「HEARTBREAKER」が始まると、画面いっぱいにハートが砕け、赤い破片があちこちに散らばった。女性のバックダンサーたちは赤いパワースーツ、バンドメンバーも赤い衣装を着ており、ステージにはレッドが溢れた。「狂う準備はできたか?」という言葉で始まった「ONE OF KIND」のステージは、客席の熱気をしっかりと点火させ、熱く燃やした。

初めて披露したニューアルバムの収録曲「COU D’EATAT」は、人々の視線を集めた。先立って公開された予告映像に登場した目だけが見える覆面を被り、上着を脱いだ男性のダンサーたちと、ボディラインが表れるタイトなスーツを着た赤い覆面の女性ダンサーが、衝撃的で完成度の高いステージを披露した。