ペク・ジヨンの訴える力の濃いボイスが引き立つ歌

歌手ペク・ジヨンがドラマのOSTで結婚後初の歩みに出た。

ペク・ジヨンは6月2日俳優のチョン・ソグオンと結婚し、アメリカへの新婚旅行以後活動を慎んで来て、最近KBS 2TV月火ドラマ「グッドドクター」メインテーマOSTに参加しながら活動を再開した。

ペク・ジヨンの歌った曲は「泣いてばかりいて」で既存のバラードとは違う節制された楽器構成の編曲でペク・ジヨンの訴える力の濃いボイスが引き立つ歌だ。

この曲は特に劇中小児外科ドクターチャ・ユンソ(ムン・チェウオン)とサーバント症侯群を病んでいるレジデントパク・シオン(チュウオン)の微弱な感情を代弁して胸の苦しさの歌詞が人目を引いている。

ペク・ジヨンはこれまでSBS「シークレット・ガーデン」の「その女」、KBS 2TV「IRIS」の「忘れないで」、KBS 2TV「姫の男」の「今日も愛してる」など、歌うOSTごとにヒットを記録し、「OSTの女王」として君臨してきた。「泣いてばかりいて」は「グッドドクター」6話から本格的にドラマに挿入される予定で27日、各種音楽サイトを通じて音源が公開される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-