「キム・ヒエ先輩と一緒に演技をするようになって幸せだ。」

俳優コ・アソンが映画「優雅な嘘」への出演を確定した。

コ・アソンの所属事務所関係者は最近「コ・アソンが『優雅な嘘』の主人公マンジ役にキャスティングされた」と明らかにした。

「優雅な嘘」は14歳の少女が急に自殺した後、残された母親と姉、そして少女の死を取り囲んだ周辺の人々の話を描く。劇中コ・アソンは自殺した妹チョンジ(キム・ヒャンギ)の跡を追うマンジ役を引き受けた。積極的で言うべきことは言って暮らす自分と違い消極的で静かなチョンジが自ら命をたった後、妹をもう少し面倒を見られなかった自分を咎めて妹に隠された真実を追跡していく。

自殺した少女チョンジ役には子役俳優のキム・ヒャンギがキャスティングされたし、母親のヒョンスク役にはキム・ヒエがキャスティングされた。

コ・アソンは「次期作選定に大きく難しい部分はなかった。シナリオを読みながら妹の死の真実が分かって追跡しようとするマンジの気持ち、母親のヒョンスクと残された人々の人生を暮らそうとするマンジの意志が共感できた。キム・ヒエ先輩と一緒に演技をするようになって幸せだ。見て、聞いて、感じながらたくさん学ぶ」と伝えた。

出演陣を定めた「優雅な嘘」は今月中に韓国で初撮影を始める予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-