「中国でも良い反応を得ることができるように最善を尽くして演技する」

俳優ソン・テヨンが中国進出に出る。

ソン・テヨンの所属事務所は「ソン・テヨンが中国映画『PK クィンカ』の主人公としてキャスティングされた」と明らかにした。

「PK クィンカ」はすべてのものが完璧なキャリアウーマンのスー・シーエンが仕事と愛とすべてで意図しない危機を経て人生に対する情熱と愛を取り戻すようになる過程を描いたロマンチックコメディー映画だ。ソン・テヨンは今回の作品で自分の主観が明らかだが純粋な魅力がある有名放送局PDスー・シーエンとして扮する。スー・シーエンはうまく行く写真作家の主人に、視聴率高空行進中のプログラムまで家庭と仕事においてすべてのものが完璧なキャリアウーマンだが意図しない危機を経て真実の自我を探すようになる人物だ。

ソン・テヨンは「ドラマの放送終了後、休息なしに中国に行くようになったが新しい環境から良い作品で良い監督と作業するようになって嬉しい。中国でも良い反応を得ることができるように最善を尽くして演技する」と感想を伝えた。

一方、25日に放送終了するKBS 2TV週末ドラマ「最高だ、イ・スンシン」で長女イ・ヘシン役で多くの愛を受けたソン・テヨンは「PK クィンカ」の撮影のために23日に中国に出国する。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-