「軍隊ではA pinkのおかげで力を増している」

ZE:A(ゼア、帝国の子供達)のパク・ヒョンシクが、「一緒にキスシーンをとりたい芸能人」に“A pink”を挙げた。

「本物の男」を通じて“赤ちゃん兵士”というニックネームを得たパク・ヒョンシクは今月19日、「正午の希望曲」に出演してDJキム・シニョンから「演技アイドルで活動するにはキスシーンが必須だ。キスシーンを一緒にしたい芸能人は誰か」という質問を受け、初めは返答を避けた。

これに対し同じメンバーキム・ドンジュンはまず「少女時代のサニーとミュージカルでキスシーンをしたことがある。そのことで少女時代のファンたちに恨まれた」と答えた。引き続きパク・ヒョンシクは「キスしたい芸能人がいない」と返事をためらったが、そばにいたケビンは「パク・ヒョンシクの理想のタイプを知っている。まさに『NoNoNo』を歌った歌手だ」としてパク・ヒョンシクが好きなガールズグループがA pinkであることを明らかにした。

理想のタイプを暴露されたパク・ヒョンシクは慌てたが、「軍隊ではA pinkのおかげで力を増している」とボイスレターを出した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-