ニックネームはA…そしてキム・ヒョンジュン 1

SS501のリーダーキム・ヒョンジュンが、約2年間の空白期間を打ち破ってカムバックした。

ニューアルバム「ROUND 3」をリリースし、もっと男前な姿でカムバックした彼は、現在SBSバラエティ番組「ニュー!日曜日は楽しい-裸足の友だち」で隠されたバラエティセンスを披露している。

これまでキム・ヒョンジュンは、音楽やバラエティ番組だけでなく、役者としても活発に活動した。2009年、「花より男子〜Boys Over Flowers〜」でユン・ジフ先輩(花沢類)を演じて女性の心を掴み、2010年「イタズラなKiss〜Playful Kiss」では天才ペク・スンジョ役(入江直樹)を熱演した。今も新しい作品でドラマ復帰を準備しているキム・ヒョンジュン。端正な顔立ちで数多くの女性をときめかせている彼の幼少期はどうだったのだろうか。

#科学者を夢見た幼い少年

実は僕、子どもの頃から歌手を夢見ていたわけではありません。子どもの頃は科学者になりたかったです。家にある電子機器も全て分解してもう一度組み立てたりしました。機械をいじることが好きな子どもっているじゃないですか。僕もそうだったと思います。(電子機器を)全て分解してまた組み立て直したりもしました。小学校の時は勉強もできる子だったと思います。負けず嫌いで、他の友だちに負けないためにもっと一生懸命勉強したこともあります。

子どもの頃に科学者を夢見たせいか、今も科学や自然史に関することが好きです。この前一番面白かったのが、ディスカバリーチャンネルで放送した「マンモス複製編」でした。氷の中にいるマンモスの死体から血液を抽出し、その血液を再び注入してマンモスの複製をつくることが可能だという内容でした。本当に面白かったです。

#少年、音楽と愛に陥る

僕は中高生の頃、音楽が好き過ぎて学校にもあまり通いませんでした。子どもの頃も特におしゃれをしたりしなかったと思います。ラーメンばかり食べたとしても、音楽がすごく好きでした。バンド活動をしましたが、本当に一生懸命やりました。今思い出しても、本当に楽しかったです。

今メンバーたちは会社員になったり、学校の先生になる準備をしたりしています。お互いに昔の話をすると楽しいです。今もほぼ1〜2週に1度は会います。小中高の友だちが今も友だちで、同じ町にずっと住んでいるので会わないわけにはいきません。チキン屋さんを一緒に営む友だちもいて、そこで一緒に遊びます。僕は芸能人の友だちより、子どもの頃の友だちの方が多いと思います。気楽ですしね。