22日から再び撮影を始める計画

俳優キム・ナムギルが映画撮影中に脱力して入院した事実が一歩遅れて知らされた。

キム・ナムギルは今月18日、映画『海賊』を撮影して脱力症状を訴え、病院で休息を取っている。所属事務所は今月19日、「先月末にドラマ『鮫』を終わらせて直ちに映画撮影をスタートして疲労が累積したようだ」と明らかにした。

キム・ナムギルは休息を取り回復した後、22日から再び撮影を始める計画だ。

キム・ナムギルが撮影中である『海賊』は、朝鮮時代を背景に玉璽(ぎょくじ)を飲み込んだクジラを捕まえようとする海賊と山賊の対決を描いた映画で、ソン・イェジンも主演する。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-