自分に大きな愛を与えたファンに応える意味で今回の寄付を決めるようになった

18日に26番目の誕生日を迎えたG-DRAGONがティーザー映像公開とともに自分の誕生日祝い記念8,180万ウオンをスンイル希望財団に寄付する事にした。

スンイル希望財団はJinuseanのションとルー・ゲーリッグ病を病んでいる前バスケットボール選手がパク・スンイル氏が共同代表でいるルー・ゲーリッグ静養病院の建立のための財団でG-DRAGONは同じ所属事務所の先輩歌手であるションを通じてこれまで自分に大きな愛を与えたファンに応える意味で今回の寄付を決めるようになった。

G-DRAGONは去年からファンが儀礼的に誕生日ごとに準備するプレゼントを気持ちだけ受けとるから良いことに使ってくれと言って公式的に発表した事がある。

一方、G-DRAGONは8月31日と9月1日にソウル体操競技場でソロワールドツアーアンコールコンサートである「ONE OF A KIND:THE FINAL」を開催する。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-