「あまりにも良い作品で、シナリオが気に入って出演を決めることになった」

俳優ナム・ボラが映画「パパをお貸しします」(監督キム・ドクス)に出演する。

ナム・ボラの所属事務所関係者は「ナム・ボラが『パパをお貸しします』にシングルマザー役で出演する。だが、正式出演ではなく友情出演であるだけに、出演量も何シーンかに出るほどだ」と述べた。ナム・ボラは劇中、シングルマザー役で正式出演ではなく友情出演だ。父親役には俳優キム・サンギョンが、母親役にはムン・ジョンヒが出演を決めている。

引き続き、友情出演をすることになった理由については「ムン・ジョンヒさんと同じ所属事務所だから出演するというのでは絶対ない」と強調し、「あまりにも良い作品で、シナリオが気に入って出演を決めることになった」と説明した。

一方、「パパをお貸しします」はホン・プヨン作家の同名小説を映画化した作品で、娘が失業中の父親を中古サイトに掲載した後にプライドが傷つけられた父親が新しく生まれ変わるという内容を描いている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-