再度熟練した悪役を見せる予定

俳優チョン・ウンインがMBCの新月火ドラマ「花札」で再び悪役を演じる。

ドラマ関係者は最近「チョン・ウンインが『花札』に出演し、悪役を演じる予定だ」と明かした。今月1日に放映終了したSBS水木ドラマ「君の声が聞こえる」にてミン・ジュングク役の悪役で第2の全盛期を開いたチョン・ウンインは、「花札」で再度熟練した悪役を見せる予定だ。

先日俳優ハ・ジウオンとチュ・ジンモが出演を決定した「花札」は大元帝国の支配者に君臨する高麗の女性の愛と闘争をテーマにした全50話の大作で、これまでにKBS 1TVドラマ「大祚榮1」、SBSドラマ「ジャイアント」「サラリーマン楚漢志(チョ・ハンジ)」等を執筆した脚本家チャン・ヨンチョルの新作だ。

一方、「花札」はMBC月火ドラマ「火の女神チョンイ」に続いて韓国で10月から放送される予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-