今週末には動員数700万人近くに

ポン・ジュノ監督の「雪国列車」が公開10日で観客動員数500万人を突破した。

この映画の投資配給会社CJエンターテインメントは、映画振興委員会の映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークを根拠に「雪国列車」の累積観客が500万人を越えたと発表した。これはそれぞれ10日で500万人を突破した「10人の泥棒たち」「アイアンマン3」とともに歴代最速のヒットスピードだ。

昨年観客動員数1000万人を突破した「王になった男」(1千232万人)は動員数500万人突破まで18日、今年動員数1000万人を突破した「7番部屋の贈り物」(1千281万人)は17日かかっている。「雪国列車」は週末の前売り占有率も46.7%で圧倒的に1位を独走している。

先週末に動員数約230万人を集めた点からしても、今週末には動員数700万人に近くなると見られている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-