ドラマ「世界で最も偉大なこと」のヒロインのウソン役にキャスティング

チェ・ユニョンが「世界で最も偉大なこと」のヒロインにキャスティングされた。

最近ドラマ「女王の教室」にてヤン・ミニ役でテレビドラマに活気をもたらしたチェ・ユニョンは、先日MBC旧盆特集ドラマ「世界で最も偉大なこと」のヒロイン、ウソン役にキャスティングされ撮影の準備中だ。

「世界で最も偉大なこと」はラブコメジャンルのドラマで10代の夫婦、養子など社会的なテーマを描く。チェ・ユニョンは劇中、ミュージカル俳優ウソン役で出演して、女優としての人生と愛をありのままに表現し、視聴者からの共感を得る予定だ。

最近「いとしのソヨン」「ドラマスペシャル-童話のように」「女王の教室」と連続で活動してきたチェ・ユニョンは優れた演技力と人気を認められ、現在「2013光州(クァンジュ)国際映画祭」の広報大使としても活動中だ。

チェ・ユニョンは様々な作品と各種広告からラブコールを受け続けており、MBC旧盆特集ドラマ「世界で最も偉大なこと」は9月中旬に放送予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-