韓国型ブロックバスター映画

チャン・ヒョクが「風邪」の中の「ジグ」に対して説明した。

ソウル城東(ソンドン)区 往十里(ワンシムニ)CGVでは俳優チャン・ヒョク、スエ、ユ・ヘジン、マ・ドンソク、イ・ヒジュン、監督キム・ソンスが参加した中に映画「風邪」のマスコミ試写会が進行された。

チャン・ヒョクは映画の中の自分のキャラクターである「ジグ」が通り過ぎるように女性主人公「イネ(スエ)」を助けることではないのかという質問に「結果的には抗体を見つけるのに大きな役目をしたし、ミル(パク・ミナ)をイネに探してあげる役目をするようになった」と返事した。

引き続きチャン・ヒョクは「しかしそのようにジグを動かした感情は恩恵の本気だからだと思う」と言って「ジグ」に対する説明を引き続けた。

一方、映画「風邪」は2003年映画「英語完全征服」以後10年ぶりに披露するキム・ソンス監督の復帰作で100億ウオン近く投資された韓国型ブロックバスター映画だ。

「風邪」という日常的で慣れた疾病に想像力を加えて、閉鎖された都市を背景で死を前にした人々の心理と死闘を描いた映画「風邪」は韓国で8月14日に公開を控えている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-