「SUPER JUNIORを知らせてK−POPを知らせるという事に対してとても大きい自負心を持つようになった」

SUPER JUNIORワールドツアーコンサート「SUPER SHOW4 3D」試写会がソウル広津(クァンジン)区 紫陽(チャヤン)洞ロッテシネマ建大入口で開かれた。

この日の試写会にはSUPER JUNIORのシンドン、ソンミン、ウニョク、ドンヘ、リョウク、キュヒョン、カンインが参加した。

「SUPER SHOW4 3D」は去年5月、ソウルオリンピック公園体操競技場で盛況裏に開かれたSUPER JUNIORの1番目のワールドツアー「SUPER SHOW4」のアンコール公演を3Dカメラで撮影し、製作されたバラエティー3Dコンサート映画で、SUPER JUNIORの特有の魅力が溢れる舞台パフオーマンスとともに完成度高い3D映像が加わって鮮やかな現場の感動を感じることができることで期待される。

カンインは「『SUPER SHOW4』をする時に軍隊にいたので一緒にすることができなくて惜しい点もあるが、とても自負心が大きかったし、メンバーたちが『SUPER SHOW4』を通じて行ってない都市と国に行って素敵な公演を知らせてSUPER JUNIORを知らせてK-POPを知らせるという事に対してとても大きい自負心を持つようになった」と話した。

一方、「SUPER SHOW4 3D」は韓国で8月8日、全国30余個のロッテシネマ劇場を通じて韓国で公開される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-