「ワールドスター」として一歩進むようになった

歌手キム・ヒョンジュンの3rdミニアルバム「ROUND 3」がアメリカビルボードワールドアルバムチャートを掌握した。

キム・ヒョンジュンのニューアルバム「ROUND 3」はアメリカビルボード内のワールドアルバムチャートで1位を記録した。

ワールドアルバムチャートはNielsen SoundScanの非英語圏国家で発売開始されたアルバムを対象にして1週間のアルバム販売量順位を決めるチャートだ。今回アメリカビルボードチャート初1位はキム・ヒョンジュンにとっても非常に意味深い。海外で大きなプロモーションなしに収めた成績だからだ。こういうわけでキム・ヒョンジュンは「ワールドスター」として一歩進むようになった。

キム・ヒョンジュンのニューアルバムは全曲音源が発売されるやいなや韓国内各音源サイト1位を席巻したし、先月24日にはタイ、シンガポール、台湾、香港、フィリピン、マレーシア、インドネシア、マカオなどアジア8ヶ国i-tunesダンス/エレクトロニック部門チャートで1位を記録した。

キム・ヒョンジュンの所属事務所KEYEAST側は「音源が発売されるやいなや国内リアルタイムチャート1位、海外8ヶ国i-tunesチャート1位を記録したのに相次ぎ、アメリカビルボードチャート1位まで全世界のファン皆さんの愛を実感している。情報を聞いたキム・ヒョンジュンも感謝の気持ちを伝え、もっと良い音楽とステージをお見せするために努力中だ」と伝えた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-