たくさん悩んで準備しなさいという意味で努力している

俳優チュ・サンウクが「グッドドクター」への出演に対する特別な感想を伝えた。

KBS新月火ドラマ「グッドドクター」制作発表会でチュ・サンウクは「ドラマへの出演を控えて後頭部に小銭の大きさの円型脱毛が生じた。少し涙が出た」と言って笑いを催した。

チュ・サンウクはOCN「TEN」に引き続き「グッドドクター」で医学ドラマに出演するようになった。「グッドドクター」でチュ・サンウクはキム・ドハンという人物を引き受けて実力と政治力を取り揃えた小児外科実勢を演技する予定だ。

「出演の前に深刻なストレスを受けた」と言ったチュ・サンウクは「『TEN』が終わる時期と『グッドドクター』時期が重なって沢山悩んだ。たくさん悩んで準備しなさいという意味で努力している。病院へ行って注射を打ったら今では少しずつうぶ毛が少し出ている」と言って爆笑を催した。

チュ・サンウクは「これまで室長、課長、社長、会長などすべての会社員の役をすべてした」とユーモアありげに明らかにした後、「その時は会社で恋愛ばかりする役だったが『グッドドクター』ではチーム長だが熱心に仕事をする姿を見せるだろう」と覚悟を明らかにした。

「グッドドクター」は大学病院小児外科を背景で繰り広げられる専門医たちの努力と愛を盛ったヒューマンメディカルドラマだ。「グッドドクター」は韓国で8月5日に初放送される予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-