「視聴層を学歴や所得で分けることはできない」1

俳優イ・ミンホが、中国内の韓国ドラマ視聴者に対する所信を明かした。

イ・ミンホは先月25日、中国・上海で開かれた「2013 INNISFREE GREEN FESTA」に広報モデルとして参加した。26日、中国のQQ芸能の報道によると、イベントの後に行われたイ・ミンホの記者会見では、意外にもカン・ミョングソウル大学言論情報学科教授が率いる研究チームの論文に対する質問が出た。

これに先立ち、カン・ミョング教授チームはKBS放送文化研究に掲載された論文「中国テレビ視聴者のドラマ消費趣向指導」で、所得水準と学歴を基準に視聴層を4パターンに分類した。そして多くの韓国ドラマ視聴者について、「非論理的な状況の中での感情の過剰噴出を間接的に体験することによって、代理満足をする」と分析した。

このような研究結果は中国のメディアを通じても報道され、中国語圏内の韓流ファンの機嫌を損ねたのはもちろん、関連業界でも波紋が広がった。