ヒロインは未定、“第2のキム・ゴウン”を物色中

俳優チャン・ヒョクが、映画『火山高』(2001)で息を合わせたキム・テギュン監督の新作に出演する。

映画関係者によれば、チャン・ヒョクは映画『いちごミルク』に出演する展望だ。

『いちごミルク』は、女子高生が体育教師に恋する初々しいメロードラマだ。チャン・ヒョクは体育教師役を受け持つ予定で、女子高生役はキャスティングを進行中だ。これでチャン・ヒョクはキム・テギュン監督と『火山高』以来、12年ぶりに息を合わせることになった。

これに対してある関係者は「普段からキム・テギュン監督と親交が深いチャン・ヒョクが、『いちごミルク』に出演を決めたと思われる。相手女優はまだ決定しておらず、“第2のキム・ゴウン”を物色中だ」と明かした。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-