ウニョク「10mの飛び込み台の上に立つと屋根の方が近い」

アイドルグループSUPER JUNIOR(スーパージュニア)のメンバーウニョクが、10mの飛び込みに成功した。

SBS「裸足の友達」では、短所克服プロジェクトのためにメンバーが飛び込みに挑戦する姿が描かれた。番組でウニョクは10mのプール台からの飛び込みに挑戦することになった。「裸足の友達」のエースと呼ばれるため、ホン・ミョンヒコーチが特別に提案したのだ。

飛び込みに先立ちウニョクは「初めて登ってみるから、一歩一歩がとても重かった。それからとても高かった。本当に心臓の音がドキドキと聞こえながらおかしくなりそうだ」と気持ちを打ち明けた。

そしてウニョクは深呼吸を一度した後、水に飛び込んだ。

ウニョクの10m飛び込み成功に「裸足の友達」メンバーは大きな歓声を送った。カン・ホドンが「10mの飛び込みに成功した気持ちは?」と尋ねると、ウニョクは「本当に良かった。カタルシスを感じられた。10mの飛び込み台の上に立つと屋根の方が近い」としながら喜びを隠せなかった。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-