やむをえず出演できなくなった

アイドルグループZE:Aのメンバーであり人気上昇中のバラエティアイドル、ヒョンシクのドラマ出演が白紙に戻った。

所属事務所スター帝国によると、パク・ヒョンシクは忙しいスケジュールと同時に所属しているZE:Aのカムバックの準備のためにSBS水木ドラマ「主君の太陽」の出演を辞退した。

スター帝国の関係者は「パク・ヒョンシクが多様なスケジュールをこなす中、8月にはZE:Aのカムバックも予定されており、やむをえず出演できなくなった」と説明した。「主君の太陽」は8月から放送予定の水木ドラマで、当初パク・ヒョンシクはソ・ジソブの子役で出演すると発表されていた。

一方、パク・ヒョンシクはMBCのバラエティ番組「僕らの日曜の夜‐本物の男」で別名「赤ちゃん兵士」と称され人気を集めている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-