次期作を決めるまで入隊可否に対する関心はおさまらない

俳優ソン・ジュンギがポン・ジュノ監督が制作する映画「海霧」への出演を丁寧に辞退した。

ソン・ジュンギが「海霧」出演を丁寧に辞退しながら彼が入隊するかに関心が浮上した。ソン・ジュンギは最近8月に入隊するという噂に包まれながら大変な目に遭った。所属事務所側は「令状も受けていない」と伝えたが彼の活動を期待する映画界、CM界の知りたい気持ちは膨らんでいる。

映画「私のオオカミ少年」などで最高の青春スターとして浮上した彼の不在が業界の地形図に変化を催すように見える。ソン・ジュンギは「海霧」の他にもカン・ヒョンチョル監督が準備中である「タッチャ2」への出演も考慮していることと伝わった。ソン・ジュンギが次期作を決めるまで彼の入隊可否に対する関心はおさまらないようだ。

「海霧」は「殺人の追憶」「グェムル〜漢江の怪物」「母なる証明」などでよく知られたポン・ジュノ監督が制作する映画で「殺人の追憶」脚色と脚本を引き受けたシム・ソンボ監督のデビュー作だ。2007年に初演された同名演劇が原作で、密航船に乗った人々の悲劇と狂気を盛り出す予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-