「メロードラマなんだからもっと美しく表現するために血を吐かないで死ぬことに」

女優キム・テヒが今月25日に放映終了したSBS月火ドラマ『チャン・オクチョン、愛に生きる』(以下『チャン・オクチョン』)で、チャン・オクチョンが死ぬ時に血を吐かなかった理由に対して、おもしろい返事を出した。

キム・テヒは今月26日、OSENとの取材で「『チャン・オクチョン』で私の演技のモットーが『血を吐くように演技しよう』だった。ところで最後に“血を吐いて死ぬ”演技があった」と話した。

それは最終回でチャン・オクチョン(キム・テヒ)が息子の天然痘のために就善堂(チソンダン)に神堂を作ったことを、スグオン(ハン・スンヨン)がイニョン王后の死と関連させて王に呪いと妬みの罪で告発し、毒薬を飲んで最期を迎えた場面だ。チャン・オクチョンは歴代のチャン・ヒビンが毒薬を飲んで血を吐き死んだのとは違い、血を吐かなかった。

キム・テヒは「最後の毒薬を飲むシーンを撮影する時、監督がメロードラマなんだからもっと美しく表現するために血を吐かないで死ぬことにしようといった。そして私があまりにも歯が大きいので、どうしても歯に血がついているのはシーンの雰囲気と合わずに血を吐かなかった」と話し、気さくな魅力を発散した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-