「外貌的に変化を与えなくちゃいけないという考えが強かった」

チェ・ユニョンがイメージ変身をした。

ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)区 汝矣島(ヨイド)洞 63シティでMBC新水木ドラマ「女王の教室」の制作発表会が開かれた。

ソウル汝矣島(ヨイド)永登浦(ヨンドゥンポ)区に位置した63ビル別館ジュニファールームではMBC新水木ドラマ「女王の教室」制作発表会が開かれた。この日の行事にはコ・ヒョンジョン、ユン・ヨジョン、イ・ギヨン、チェ・ユニョン、キム・ヒャンギ、チョン・ボグン、キム・セロン、ソ・シネ、イ・ヨンユとイ・ドンユンPD、キム・ウオンソク作家が参加した。

最近「女王の教室」のために体重減量とショートカットを敢行したチェ・ユニョンはその理由としてKBS「いとしのソヨン」を指折った。チェ・ユニョンは「放送終了3ヶ月が経ったが相変らず『いとしのソヨン』の善良な嫁女ホジョンとして見てくれる。相変らずイメージが刻印されている。外貌的に変化を与えなくちゃいけないという考えが強かった」と打ち明けた。

引き続きチェ・ユニョンはヤン・ミニ役を通じて多くの会社員の視聴者たちと共感を形成することができると打ち明けた。チェ・ユニョンは「ヤン・ミニは赴任してから2年目になった先生で、子供達が大変な事が起こると解決しようとする意欲があふれる先生だ。しかしいざとなるとクラスの子供達は非行青少年になる下手な感じの先生だ」とキャラクターに対して説明した。

チェ・ユニョンは「解決をしたいのに結局解決ができなくて苦しがって意欲だけあふれる人物だ。ヤン・ミニの姿を見れば多くの方々が共感してくださることができるのではないかと思う」と打ち明けた。

チェ・ユニョンは劇中意欲があふれて若くて綺麗な先生ヤン・ミニ役を引き受けた。ヤン・ミニは優しい人柄を持ったが、マ・ヨジン(コ・ヒョンジョン)とぶつかりながら自分の教師生活を返り見る人物だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-