「もっと熱心にしなければならない」「さらに完璧なアルバムを持って出て来なければならない」

BOYFRIEND:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

アイドルグループBOYFRIENDが、韓国の空白期間中にデビュー同期たちの1位を見て刺激を受けたと明らかにした。

BOYFRIENDは2ndミニアルバム『OBSESSION』発売ショーケースに参加し、カムバックの感想と活動計画などを明らかにした。今まで日本などの海外活動に力を注いだBOYFRIENDは、今回のアルバムで約1年5ヶ月ぶりに韓国のステージにカムバックすることになった。BOYFRIENDは「1年5ヶ月の間、海外でショーケースを進めて日本でコンサートをするなど、海外ファンとコミュニケーションを取りながら韓国のアルバムも準備してきた」とこれまでの近況を伝えた。

BOYFRIENDは2ndミニアルバムに対して「2ndミニアルバムを長い間準備してレコーディングも何度もしたし、振りつけも10回以上修正するほど精魂を込めた。タイトル曲『君って女』は1人の女性だけを見つめる男のバカな気持ちを、反抗期の少年というコンセプトで消化した」と説明した。引き続き「海外活動を行って韓国の番組のモニタリングをして、同時期にデビューした同期たちが1位になる姿を見て『もっと熱心にしなければならない』『さらに完璧なアルバムを持って出て来なければならない』と考えた」と明らかにした。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-