ミルの言うヨンコバンジとは…?

God:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

Godのカムバックに歌謡界が浮足立っている。

godは新曲「みにくいアヒルの子」を発表し、12年ぶりに歌謡界へのカムバックを知らせた。

「みにくいアヒルの子」はパク・ジュンヒョン、キム・テウ、ユン・ゲサン、ソン・ホヨン、デニー・アンなど、godのメンバー5人が完全体として12年ぶりに発表する新曲で、歌謡界のヒットメーカーに位置したプロデューサーチーム二段横蹴り(イダンヨプチャギ)が制作した。90年代を風靡した典型的なgod印のバラードで、胸に響く切ないメロディとgodメンバー5人の調和がとれたハーモニーが特徴だ。

godのカムバックに興奮するのはファンだけではない。godを歌謡界の大先輩として、さらにいちファンとして好きな後輩歌手も、godのカムバックにときめく気持ちを伝えている。

MBLAQ(エムブラック)のミルはgodの新曲発表を控えて「ドキドキする、ヨンコパンジがここにいます」というつぶやきで、godのカムバックを控えて幸せな気持ちを伝えた。特にミルはヨンコパンジ(芸能人に変装中のgodファンクラブ会員)という機転が利く単語で笑いを誘った。

2AMのチョ・グオンは自身のSNSに「みにくいアヒルの子」のアルバム写真を掲載して「『みにくいアヒルの子』、god最高!水色の風船」というメッセージを載せ、2PMのテギョンは自身のツイッターに「みにくいアヒルの子」を再生中である携帯電話の画面写真をUPして注目を浴びた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-