助演からじっくりと経験を積んで行く

B1A4のジニョンは20〜30代の観客になじむ顔ではない。

かえって『応答せよ1994』に出演した、同じグループのメンバーバロが大衆にはより一層広く知られている。しかしB1A4でジニョンが受け持つポジションを考えてみれば、『怪しい彼女』のパン・ジハ役になぜ彼がキャスティングされたのか納得することになる。

『怪しい彼女』のパン・ジハは人気がないパン・ジハバンドのリーダーであり、バンドの曲を担当する人物。金髪に脱色した髪、真っ白なメイクをして独特な歌を歌う。ジニョンは実際にB1A4のほとんどの曲を作曲している。ヒット曲である「イゲ ムスン イリヤ 〜なんで?どうして?」「Lonely」なども彼の頭の中から誕生した。

ドラマを導いていくほど大きな配役ではなかったという点も、ジニョンには幸いなことだった。初めから主演を欲張るのではなく、助演からじっくりと経験を積んで行くということだ。今まさに一歩を踏み出したジニョンの歩みを見守りたい。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-