「誰にも遅れを取らないという自慢があった」

歌手イ・スンギが歌手としてのスランプを告白した。

イ・スンギは「ヒーリングキャンプ-うれしいじゃないか」イ・ソンヒ編の収録で、師匠イ・ソンヒと共に参加して素直な話を広げた。イ・スンギは収録でスランプ当時を回想し、「あまりにも荷が重く、1日に何度も逃げ出したかった」と告白した。

イ・スンギは活発にバラエティ活動をした当時は「誰にも遅れを取らないという自慢があった」とも打ち明けた。イ・スンギはイ・ソンヒの一言で自身の考えを変えることができたと語り、イ・ソンヒとの縁を明らかにして注目を集めた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-