重厚なテギョン役とは全く違う姿

ドラマ『Three Days』の主人公として活躍中のユチョンが、真剣な役柄とは違って休み時間には撮影現場でカメラを持ち、フオトグラファーになる姿が公開された。

スタッフのカメラで写真を撮って確認したユチョンは、カメラの中に理想のタイプを発見したと自慢したり撮影監督と日本語で冗談をやり取りするなど、劇中真剣で重厚なテギョンの姿とは全く違う姿を見せて注目を浴びた。

この他にキュートなウインクと共に銃を撃つマネをするパク・カソンの姿は“税金を払うのが惜しくない巡査ボウオン”のまた違う魅力を見せている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-