OSTでバロを応援!

アイドルグループB1A4のメンバーサンドゥルが『神の贈り物-14日』のOSTでバロを応援した。

『神の贈り物-14日』のOST製作会社は「一流のボーカリストと認められているB1A4のサンドゥルがOSTに参加した」と明らかにした。サンドゥルは『神の贈り物-14日』のOSTである「痛くて」を歌った。

ミディアムテンポが印象的な「痛くて」は、キ・ドンチャン(チョ・スンウ)のテーマ曲だ。映画やドラマ、そしてミュージカルまで領域を広げているパク・ギホン音楽監督が作曲し、カン・ミンソンが作詞した。「痛くて」はギター演奏バージョンですでに『神の贈り物-14日』を通じて披露したことがある。

当時キ・ドンチャンが持つ心の傷と悲しみをよく描き出していると好評を得た。これと関連して、『神の贈り物-14日』のOST関係者は「サンドゥルがドラマの中でヨンギュ役を演じるB1A4メンバーのバロを応援するため、初めてドラマOSTに参加することになった。サンドゥルは『痛くて』を通じて、さらに新しい姿を見せた」と伝えた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-