違うようで妙に似ている師弟の姿

イ・スンギは今月7日午後に放送されたSBS「ヒーリングキャンプ-うれしいじゃないか」に、自身を育てた師匠イ・ソニと共に出演した。

少女時代のユナと公開恋愛中のイ・スンギは、ユナを狙った質問にも上手く対処してバラエティに慣れていないイ・ソニをしっかりと支援射撃した。

この日イ・ソニは童顔の秘訣を尋ねた質問に「私も少しずつ少しずつ(整形)しましたよ」と答えて皆を驚かせた。イ・ソニの告白にスタッフもざわめくほど。これに対しイ・スンギが「これだから僕が(番組に)出てきた。(イ・ソニの発言が)冗談なのに本当の話のように聞こえる」として、このような発言がイ・ソニ式のユーモアだと説明した。

イ・スンギがいなかったならば誤解されていたイ・ソニ式のユーモア。イ・スンギは「僕が先生を10年以上見てきたが、体重、容姿、ヘアースタイルに大きな変化がない。先生はささいな所まで上手く管理している」と語った。10時に就寝し、朝6時に起床して玄米ご飯と青野菜だけ食べるイ・ソニの規則的な生活を証言した。

立派な弟子イ・スンギと同時に出演しただけに、2人の初めての出会いにも関心が集中した。ロッカーを夢見た高校生イ・スンギは劇団を探してイ・ソニに抜擢された彼女の愛弟子だ。当時イ・スンギの第一印象を明るく笑って説明したイ・ソニは「イ・スンギが典型的な芸能人の顔ではない」というキム・ジェドンの発言に目をまるく開いて反発し、笑いを誘った。弟子に対する愛情がにじみ出る行動だった。引き続きイ・スンギのまじめな姿を褒めたイ・ソニは「今はかえってスンギから私が学んでいる。図に乗ってはじけてしまうのは簡単だ。ある程度人気を得たら図に乗ってしまう」として人気を得た後も変わらないイ・スンギを褒めた。

これに対しイ・スンギは万能エンターテイナーとして活躍して大人気に得た5年前を回想、「先生に『今の地位に上がるまでとても大変だったが、僕はいつ楽しんでもいいですか』とタイミングを質問した。すると先生が『一生ないだろう。調子に乗れない性格なのに羽目を外そうと考えるから悩んでしまう』と答えられた」として、イ・ソニのこのような指針が自身の人生にも大きな影響を及ぼしたことを告白して注目を浴びた。

デビュー後も変わりない姿で相変らず大衆から大人気のイ・ソニとイ・スンギ。違うようで妙に似ている師弟の姿は、見る人々の心まで温かくさせた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-