「今後さらに発展するために多くの演技授業を受けている」

歌手兼女優スンヨンが自分の演技点数に対して「熱心に努力する」と明らかにした。

スンヨンは獎忠洞(チャンチュンドン)バンヤンツリークラブ&スパソウルで開かれたMBC週末ドラマ『来たチャン・ボリ』の記者懇談会で、自分の演技に対して点数を付けてほしいという取材陣の質問に「熱心に努力している」と答えた。

スンヨンは「私が地上波の時代劇でテレビドラマに出てから1年ぶり(の出演)だ。今まで放送されなかった作品もあったし、ケーブル番組でミニドラマに出演したりもした」と伝えた。

引き続き「演技に対してプレッシャーになる部分があるが、熱心に努力している。すぐに出てくる台本にキャラクターを把握してこれを表現するのも重要だが、今後さらに発展するために多くの演技授業を受けている」と打ち明けた。

スンヨンは『来たチャン・ボリ』でチュ・ガウル役に扮してキム・ジソク、オ・チャンソクと兄妹役で共演予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-