「現場で俳優の方々と常に犯人が誰なのかと話す」

役者として活動中のアイドルグループB1A4のメンバーバロが、知的障がい者の演技をチョ・スンウから学んだと告白した。

SBS月火ドラマ『神の贈り物-14日』は公式ホームページにバロのインタビュー映像を公開した。映像の中でバロは、知的障がい者を演じるための自分だけの秘訣を公開した。

彼は「インターネットでも調べたし、周囲の友達に対する記憶も蘇らせて勉強した。チョ・スンウ先輩も、作品の中で知的障がいのある役をしたことがある。チョ・スンウ先輩からも多くの事を学んだ」と語った。引き続き「セリフが思ったよりも多くないので、NGをまだ一度も出していない」と話して注目を浴びた。

最後に「現場で俳優の方々と常に犯人が誰なのかと話す。本当に分からない。一緒に推理して番組を見て下さると嬉しい」と頼んだ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-