「機会があればTEENTOPと必ず一緒に仕事をしてみたい」

TEENTOPがアメリカツアーの幕を開けた。

TEENTOPはアメリカ、ニューヨークでアメリカツアーの幕を開け、アメリカの有名メディアから注目を浴びている。

公演前タイムスクエアの大型電光掲示板にはTEENTOPのミュージックビデオが放映され、ニューヨーカーの足を止めさせた。公演会場が位置するタイムスクエアの周辺には当日寒い気候にもかかわらず、午前から現地の10代のファンが列を成した。

今回の公演にはビヨンセ、アリシア・キーズ、Maroon 5、ジョン・メイヤーなどそうそうたるポップスターのミュージックビデオのディレクターで有名なBlake Farberが直接観覧に来ていた。

Blake Farberは公演を見た後、「TEENTOPはストリートの感性を持つ男らしいメンバーと女性たちの心をメロメロにするメンバー、ユーモラスなメンバーなどそれぞれ違った魅力を持っている。メンバーはセンスある言葉で観衆を楽しませ、彼らが作る公演はエネルギッシュで面白かった」と評価した。

続いて「機会があればTEENTOPと必ず一緒に仕事をしてみたい。もしTEENTOPのミュージックビデオを作るなら、メンバーそれぞれの魅力をアピールできる1人1人のストーリーが最後に1つに繋がるドラマを作るだろう」と語った。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-