「今後私が何をすべきかも分からない」と

少女時代が一歩遅れてやってきた思春期を打ち明けた。

少女時代のメンバーは最近進行されたSBS「ヒーリングキャンプ-うれしいじゃないか」の収録で、若い時から活動を始めて20代になってやってきた思春期を明らかにした。この日、少女時代メンバーはいつもの明るくて愉快な姿とは違い、遅い思春期を告白した。

テヨンは「活動に勤しんでいたら、年齢を忘れる時もある。21歳で止まったような気持ちだ」と話して遺憾を買った。さらにユリも「最近は混乱している。今後私が何をすべきかも分からない」と素直に打ち明けたという。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-