韓流トップバンドとして急浮上

人気バンドCNBLUEが、グローバルなアルバム強者としての位置づけを固めた。

全世界のアルバム販売量集計サイトであるメディアトラフィックが運営するユナイテッドワールドチャートによれば、CNBLUEのニューアルバム『Can’t Stop』は3月第2週チャートで9位に初めてランクインし、韓国人歌手の中で最も高い順位を記録した。

ジョン・ヨンファ作詞作曲のタイトル曲「Can’t Stop」を含む自作曲で満たされた同アルバムは、CNBLUE音楽の“ターニングポイント”という評価と共に、国内外の好評があふれている。CNBLUEは最近、アメリカや中南米をはじめとする14ヶ国18都市で20公演にわたるワールドツアーを成功させた。中南米やヨーロッパなど現地メディアでも特集を組まれるなど、韓流トップバンドとして急浮上した。

アメリカビルボードでも「180度変わったロックポップサウンドの『Can’t Stop』でチャート上位圏を再び占領するだろう」と絶賛され、現在は全世界を舞台に、一層深くなった音楽的な技量を誇っている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-