ドラマではどんな新しい魅力で視聴者たちを捕らえるか期待される。

キム・ガンウが「ゴールデンクロス」への出演を決めた。

所属事務所のナムアクターズによればキム・ガンウはKBS 2TV新水木ドラマ「ゴールデンクロス」の男性主人公カン・ドユン役にキャスティングされた。

キム・ガンウの引き受けたカン・ドユンは「悔しければ出世しなさい」と言うマインドで検事になった人物だ。人だけは良い父のため母と妹に対する愛情が格別だが急に妹が殺害され精神的な葛藤を経験して熾烈な復讐を広げるようになる。

キム・ガンウは2012年KBS 2TVドラマ「海雲台の恋人たち」以後、2年ぶりにドラマ復帰して関心を集める。最近、映画「お金の味」「結婚前夜」「チラシ:危険な噂」などスクリーンの中で多様なキャラクターを演じて来ただけにドラマではどんな新しい魅力で視聴者たちを捕らえるか期待される。

キム・ガンウが主演を引き受けた水木ドラマ「ゴールデンクロス」は陰謀に巻き込まれて家族を失った1人の男の復讐劇を描く。家族の復讐のために直接家族を破壊した者の下に入って行って忠誠を誓ってから巨大な渦に包まれる人物の話が熾烈で興味深々に描かれる予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-