全国25個の売場の中でソウル市に位置した5個の売場の「パク・ハンビョル特別コーナー」を通じて販売中

パク・ハンビョルが衣類の寄付をした。

国際救護団体飢餓対策によればパク・ハンビョルは生涯初めての寄付で社会的企業の幸福分かち合いに3億5,000万ウオン相当の衣類約7,000点を後援した。

2月3日から販売された衣類は幸福分かち合い物流センターで分かち合い店適正販売基準として分類して全国25個の売場の中でソウル市に位置した5個の売場の「パク・ハンビョル特別コーナー」を通じて販売中だ。物品はファッション衣類及び雑貨で構成された。

パク・ハンビョルは「初めてする寄付を飢餓対策を通じて始めるようになって本当に胸がいっぱいだ。機会があれば積極的に参加する」と明らかにした。

一方、販売された収益金は韓国内外の低所得家庭子供達と地域社会のための救護事業に使われる予定でパク・ハンビョルは先日の28日に監倉(ヨムチャン)洞飢餓対策社屋で幸福分かち合いと物品寄贈伝達式を行った。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-