「太陽がいっぱい」の制作発表会が開催された

2月13日、ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)のタイムズスクエアのアモリスホールではKBS2TVの新月火ドラマ「太陽がいっぱい」の制作発表会が開催された。

この日、ペ・ギョンス監督を始めとして主人公のユン・ゲサン、ハン・ジヘ、ソン・ホジュン、チョ・ジヌン、キム・ユリ、キム・ヨンチョルらが参加した。初めての共演となるユン・ゲサンとハン・ジヘの演技の相性にも注目が集まっている。

初放送を約10日ほどに控えて期待感を増幅させている「太陽がいっぱい」の和気あいあいとした撮影現場が電撃的に公開された。タイでの撮影を終えて現在は韓国内での撮影に拍車をかけている俳優たちの姿はカリスマを完璧にほぐした姿で人目を引いている。

特に、ユン・ゲサン(チョン・セロ役)のために1日スタッフを自ら要望したキム・ユリ(ソ・ジェイン役)が照明板を持っていて彼らの強いチームワークを見せている。俳優達が集まってカメラに向けて笑顔を見せている写真では俳優たちはすでに特別な親しさを誇示して明るい現場雰囲気を証明しているという裏話だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-