映画「優雅な嘘」の制作報告会が行われた

ソウル江南(カンナム)区、狎鴎亭(アックジョン)CGVで行われた映画「優雅な嘘」の制作報告会にはイ・ハン監督をはじめ、キム・ヒエ、コ・アソン、キム・ユジョン、キム・ヒャンギらが参加した。

この日、キム・ユジョンは「悪役に挑戦後イメージがとても変わるかと思い心配にもなる。でも、そうやってイメージを崩していく女優になりたい。これまで優しい役をたくさん演じた。悪役もしてまた優しい役もして、様々な役を演じたい」と語った。続いてキム・ヒエとの共演については「キム・ヒエ先輩と同じ作品に出演すると聞いて本当に嬉しかった。でも一緒のシーンがなかった。ちょうど2シーンあったが、そのシーンも通り過ぎたり、私が隠れたりするそんなシーンだったのでとても残念だった」と付け加えた。

この日コ・アソンは「『優雅な嘘』のシナリオを初めて読んで演じる自信がなかった。すべての演技を実際に経験しなければできないということではないが、家族を失った悲しみを表現するのが難しかった」と語った。続いて「でも共演する俳優さんが良かった。特にキム・ヒャンギはドラマ『女王の教室』がおもしろくて共演してみたかった。周りがとても似ていると言ったので興味を持って見ていた」と付け加えた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-