祝賀の米花輪を見るや早い段階でファンのための写真を撮影して温かい雰囲気を作った

キム・ガンウがファンからの声援に応えた。

俳優キム・ガンウの所属事務所NAMOO ACTORSは公式Facebookを通じてキム・ガンウが、ファンが贈った花輪の前で撮影したショットを公開した。

これはソウル、往十里(ワンシムニ)CGVで開かれたキム・ガンウ主演の映画「チラシ:危険なうわさ」のメディア、VIP試写会を祝うためにファンが寄付した米花輪にキム・ガンウが感謝の気持ちを伝えたとのことだ。

キム・ガンウは祝賀の米花輪を見るや早い段階でファンのための写真を撮影して温かい雰囲気を作った。それだけでなく待ち時間には映画館に集まったファンたちのサインや写真、握手の希望にも1人1人に親切に対応する時間を過ごした。キム・ガンウは普段のシックでカリスマあふれるイメージとは違い、ファンたちにキメ細かくて親切なことで有名なファンバカスターのうちの1人だ。

写真を見たネチズンは「国民の夫さすが素晴らしい」「サインをもらったファンが羨ましい」「応援で米花輪寄付だなんて、ファンも素晴らしい」「キム・ガンウ実際に見ると本当にハンサムだっただろう」等の反応を見せた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-