カン・ソラは劇中、胸部外科臨床講師であり病院理事長の娘オ・スヒョン役を演じる

女優のカン・ソラがSBSの新月火ドラマ「ドクター異邦人」への出演を決めた。

カン・ソラの所属事務所WILLエンタテインメントは「カン・ソラが『ドクター異邦人』への出演を決め、テレビドラマにカムバックする」と発表した。2012年に放送されたKBS 2TV「ドリームハイ2」に続いて約2年ぶりにミニシリーズに復帰するカン・ソラは劇中、胸部外科臨床講師であり病院理事長の娘オ・スヒョン役を演じる。

「ドクター異邦人」は天才脱北医師でありミステリアスな過去を持つ男パク・フンが韓国最高の病院に勤めたことから繰り広げられる物語を描いたメディカルスパイロマンスドラマで「華麗なる遺産」「検査プリンセス」「シティーハンターin Seoul」「主君の太陽」などを演出したチン・ヒョク監督と「漢城別曲-正」「風の国」などを執筆した脚本家パク・ジヌがタッグを組んだ作品だ。カン・ソラは「ドクター異邦人」で洗練されて都会的なイメージだが内面は傷つきやすい弱さのある外剛内柔の人物オ・スヒョンを演じ、パク・ヘジン、イ・ジョンソクと三角関係を形成する予定だ。

一方、カン・ソラが出演するSBSの新月火ドラマ「ドクター異邦人」は「神の贈り物-14日」に続いて韓国で4月から放送される予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-