同じ年代だけでなく40代、50代の観客まで共感を呼ぶ

アイドルグループTEENTOPのメンバーニエルがKBS2「不朽の名曲」を通じて180度違う魅力を披露した。

ニエルは「不朽の名曲」に出演し、歌手チュ・ヒョンミの「片思い」を歌ってアイドルグループSHINee(シャイニー)のメンバーテミンが歌った「ちょっと待って」を抑えて1勝した。

この日ニエルはステージに上がる前、控え室などでキュートな少年の姿を見せた。しかし自身の順番になると、すぐに切なくも挑発的な片思い男の魅力を発揮した。

彼は競合曲でチュ・ヒョンミの「片思い」を選択した。ニエルはこの日のステージで世代や性別の壁を破ってバンドと共に原曲の雰囲気を生かしながら、自分だけの「片思い」を完成させた。

ニエルは原曲の初々しさをスクールルックや机などの小道具を利用した学生時代の片思いの感情を生かして、同じ年代だけでなく40代、50代の観客まで広い共感を呼んで1勝を収めた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-