運動を生活化した結果

毎年名節(旧正月、旧盆)の度に様々な意見で廃止論議に包まれたMBC元旦特集「アイドル陸上アーチェリー、フットサル、カーリング選手権大会」(以下「アイドル体育大会」)が、今年もやってきた。

今回は既存の陸上、アーチェリー、フットサルに続きカーリングという新種目まで用意した。ファンたちは小言を言いながらも、“うちの兄さん”の活躍を見るため、TVの前に集まった。

先月30、31日の2日間続いた放送で、Bチームが最終優勝を手にした。BチームはBEAST、4Minute、BTOB、Secret、C-CLOWN、B.A.P、Girl’s Day、MBLAQ、A pink、AOA、ノ・ジフンなどで構成され、金メダル6個に銀メダル2個で総合1位に上がった。フットサル、男子60m走、女子リレー、男子走り高跳び、女子アーチェリー、男子アーチェリーで金メダルを手に入れ、女子カーリングと混合リレーで銀メダルを確保した。

目を引くのは8個のメダルの中で、半分以上をBチームに属したキューブエンターテインメントのアーティストが手にしたという点だ。男子60m走と男子走り高跳びでBTOBのイ・ミンヒョクが金メダルを首にかけた。女子アーチェリーでは4Minuteのクオン・ソヒョンが万年2位の雪辱を晴らした。女子リレーはA-CUBEのA pinkが2年連続優勝者に名前を上げ、フットサルはBEASTとBTOBメンバーが幻想的な息で金メダルを占めた。男女混合400mリレーではBTOBのミンヒョクとA pinkのソン・ナウンの活躍が眩しかった。

事実「アイドル体育大会」の序盤に遡れば、キューブのアイドルが毎回引き立って見えたわけではない。4Minuteが団体アーチェリー戦で、Sistarと1位を争ったのが最高だった。しかし昨年フットサルが新種目に導入されてBTOBのイ・ミンヒョクが合流しながら、“体育界アイドル”の家系図にキューブアーティストの名前が光を放ち始めた。このような結果には、“スポーツの日常化”が功を奏した。

キューブエンターテインメント関係者は「BEAST、BTOB、ノ・ジフン、マネージャーが共にユナイテッドキューブチームを結成し、サッカーとフットサルを毎週楽しんでいる。みんな、運動が好きだ。クオン・ソヒョンのような場合には『アイドル体育大会』でアーチェリーに趣味を付け、実際にアマチュアアーチェリー大会に出て行ってメダルも取った。日常が『アイドル体育大会』だ」と説明した。

BTOBのミンヒョクに関しては、「持って生まれた運動神経が良い。ミュージカル学科出身なので永らく身体に沁み込んだ感覚があって、自己管理が徹底して今回の『アイドル体育大会』で良い成績を出したようだ。去年の正月特集の時に初出演して総合優勝をした後、イ・ミンヒョクが代表に『新人だから必死に転がして欲しい』という感想を残した。1年が過ぎた今年には、『BTOBがかなり活躍する日だ』と自信を見せた点を見ると、登場前から意気込んでいたようだ。靭帯の手術をした後なので心配したが、熱心に努力した結果を得て喜んでいる」と付け加えた。

努力した者には福が来て楽しむ者には喜びが従うのだろうか。キューブのアイドルはファンたちに会うコミュニケーションの場と意義を置いた大会序盤に比べ、さらに一歩進んで熱心に走って共に楽しみ、ついに“スポーツアイドル”の修飾語を得ることになった。金メダルを取って総合優勝を成し遂げるという欲よりも、運動を生活化した結果だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-