天才バリスタであり二重人格の持ち主リュ・テオ役

アイドルグループMBLAQのメンバーであり俳優のイジュンが「ガプドン」への出演を決めた。

ケーブルチャネルtvNの新ドラマ「ガプドン」側の関係者は「イジュンが天才バリスタであり二重人格の持ち主リュ・テオ役にキャスティングされた」と発表した。イジュンが演じるリュ・テオ役はバリスタに優れた頭脳と記憶力でささいなことも忘れないキャラクターだ。

昨年KBS2TV「IRIS 2」や映画「俳優は俳優だ」に出演し、役者として認められているイジュンは、今回の作品で改めて地位を固めるだろうと見られている。

「ガプドン」は華城(ファソン)連続殺人事件をモチーフにした連続殺人事件を描く捜査ドラマだ。事件後20年ぶりに戻ってきたガプドンと彼を追う刑事ハ・ムヨムの物語を描く。MBC「ロイヤルファミリー」を執筆した脚本家のクオン・ウンミとSBS「君の声が聞こえる」を演出したチョ・スウオンプロデューサーがタッグを組んだことで期待を集めている。

主人公ハ・ムヨム役にはユン・サンヒョンが、ヒロインオ・マリア役もキャスティングされた。この他にもキム・ジウオン、ソン・ドンイルらが出演する。一方、「ガプドン」は「ロマンスが必要3」に続いて韓国で4月頃から放送予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-