「ステージに立つのが怖くて不安になった」

アジアを越えてワールドプリンスに成長している俳優チャン・グンソクが、「ZIKZIN LIVE TOUR in ZEPP」の美しいフィナーレを飾った。

チャン・グンソクは昨年10月の福岡公演を皮切り札幌、東京、大阪、名古屋など計5都市で14公演を成功させ、名実共に唯一無二のアーティストとしての地位を確立した。

今までチャン・グンソクは俳優としての活動はもちろん、ソロおよびプロジェクトグループ「Team H」の活動等を通じて、あふれる才能と情熱で全世界の熱いスポットライトを受け入れた。特に彼は自身のオリジナルブランドであるZIKZINを前面に出して新概念のフェスティバルを主催するなど、ずば抜けた企画力を伺わせ、限りない成長の歴史を描いてきた。

東京ドーム、サマーソニックなどの世界最大のステージを飾ってきた彼だっただけに、今回のZEPPツアーが持つ意味は特別だった。2,000席の小規模ステージと100%バンド演奏の生歌、ゲストはさておきチャン・グンソクがステージを空ける時間が一瞬もなかった今回の公演は、ただひたすら彼とファンたちの熱い交流の場だったのだ。

ファンたちと近くで呼吸できるステージを作りたいと話してきたチャン・グンソクの念願から企画された今回の公演は、躍動感あふれるクオリティーの高いステージで観客を魅了した。2ndアルバム収録曲である「Indian Summer」「Nature Boy」などの明るくてパワフルな曲から、「Rain」「I Will Promise You」などのアコースティックな公演まで、場内を埋め尽くすチャン・グンソクの圧倒的な存在感が如実に表れた。

何よりステージと客席の距離が近いという長所を十分に活用し、チャン・グンソクとファンたちが深く関われたという点で大きな意味を持った。チャン・グンソクもありのままの姿でファンと呼吸し、センス溢れるトークで雰囲気を温かくしてさらに大きな声援を得た。

フィナーレステージを終えたチャン・グンソクは「今までの大きなステージとは違い、観客と近い距離でダイレクトにコミュニケーションが取れることがすごく魅力的だった。ありのままの僕の姿を見せられた公演だった。4ヶ月を越える期間の間、バンドと相談して同じ曲も違う構成にして新しいステージを作ることができたので、自分自身も楽しむことができたし、誇らしいツアーになった」と伝えた。

そして「ツアーの途中でドラマ撮影を並行して体力的に大変だっただけに、ステージに立つのが怖くて不安になったこともあった。でもその姿さえも素直に見せようと思った。このような経験は人生において初めてだったので、さらに感慨深い」として感想を付け加えた。

日本列島を再び揺らしたチャン・グンソク、新韓流の中心を越えてトレンドセッターとしての役割まで果たす彼を導く原動力は、このような格別な発想と推進力にあることを立証した。限界知らずのチャン・グンソク印“ZIKZIN(直進)”の行く道がさらに注目される理由だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-