直接作詞・作曲して実力を認められてきた

チョンドゥンのソロ自作曲「いない」が公開された。

MBLAQのチョンドゥンはオンライン音源サイトからソロ曲「いない」を発表した。アルバムのイメージはチョンドゥンの優しいイメージを表現するよりミュージシャン、芸術家として自由で幻想的な雰囲気を表現した。以前からチョンドゥンは1stソロ曲「行かないで」をはじめ、MBLAQの「Dress Up」「Sexy Beat」等多くの曲を直接作詞・作曲して実力を認められてきた。

今回のソロ曲「いない」への期待をこれ以上ないほど高めている。「いない」は日常生活で感じられる愛した人がいないことや残された跡、つらい記憶を淡々と描いた曲だ。チョンドゥンの繊細なボーカルと調和しており、別れの感情を共感できるように表現した。

所属事務所J.Tune Campは「今回のソロ曲でチョンドゥンの作曲およびプロデュース能力を自信たっぷりにお見せできると思う。今後チョンドゥン、そしてMBLAQの音楽へ期待してもらえる十分なきっかけになるかと思う」と自信を表わした。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-