マンホールに跳びこむお姉さんに扮してもう一度特別な演技力を披露

チョン・ユミが映画「マンホール」への出演を確定した。

映画「マンホール」はマンホールを利用して拉致と殺人を行う連続殺人犯と死闘をする姉妹の話を描いたスリラーだ。2009年ミジャンセン短編映画祭で「感性的喧嘩」で「4万回の殴り」部門で最優秀作品賞を受賞したシン・ジェヨン監督の長編デビュー作だ。

チョン・ユミは「初めて挑戦するジャンルと面白いシナリオにも惹かれたが、監督の情熱に惹かれて出演を決心した」と明らかにした。劇中、チョン・ユミは連続殺人犯に拉致された妹を求めるためにマンホールに跳びこむお姉さんに扮してもう一度特別な演技力を披露する予定だ。

連続殺人魔役はチョン・ギョンホ、連続殺人犯に拉致される妹はキム・セロンがキャスティングされた。チョン・ユミ、チョン・ギョンホ、キム・セロンが出演を確定した映画「マンホール」はキャスティングを完了して韓国で1月第4週にクランクインする予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-